AKIRA

発売日:1988年12月24日
メディア:ROMカートリッジ
ジャンル:アドベンチャー
対応人数:1人
メーカー:TAITO

基本操作
Aボタン 決定
十字キー 選択

 ◆オープニング画面
超有名?
東京が壊滅状態になるアキラ覚醒シーン。
 ◆スタート画面
STARTまたはCONTINUE。
今見ると凄いエメラルドグリーンだ……。
 ◆コンティニュー画面
呪文(?)は平仮名で24文字。正確に入力すれば『アキラさまの目覚めは近い!そちの力が必要なのじゃ、心してかかれよー』と言ってくれる。
 ◆ゲームオーバー画面
死んだり、とっつかまったり、鉄雄を○しちゃったりして終わる。わりとあっけない。
 ◆基本的な画面。
『はなす』『みる』『きく』『しらべる』などが白枠内に表示される。流れによって新たな選択肢が増えたりすることも。
下半分は会話などが表示されるために常に空けられている。
ちなみに取調官は25歳独身。
 ◆みる・調べるなど
で画面内にカーソルが出る場合がある。コレを十字キーで思い通りに動かすのがなかなかに難しい。そのくせ、かなり重要だったりする。
登場人物
 ◆金田正太郎
某鉄人をあやつる少年から命名されたらしい。
本作中では姓以外でてこないため、もしやアキラ?と思われていた時期も。(ストーリーとは一切関係ありません)
 ◆島鉄雄
裏主人公。とある方面で人気絶大。それはいいとして、金田の幼馴染の苛められッコ。鬱屈した少年。
 ◆ケイ
反政府分子の女の子。
本筋のキーを握っているが、ゲーム中では……だったり。
他にも竜とか色々。
 ◆他の仲間
健康優良不良少年。といいながらもピーナッツやったりもするが。一見不真面目ぽいけれど、わりと友情には篤い。
左から、『山形』『甲斐』『桑田』『渡辺』『竹山』。憶える必要はナシ。
 ◆大佐
軍の人。悪役。
他にもドクターとか。
 ◆タカシ・キヨコ・マサル
『アキラ』と共に実験に参加した子供達。扱われ方の所為か何十年経っていても子供らしい。
タカシがラボを抜け出したことにより、運命が動き出す。

思い出 原作が好きだったので購入。この頃、ワープロを買ったため、パスワードや攻略のキーポイントをわざわざ打ち出し、いまだにとってある馬鹿さ加減。
長 所 映画を見ていれば、まるっきりストーリーは同じなので簡単(長所?)
短 所 ミニゲームのようなシューティング(?)にも似たものが突然でてくる。
五段階評価 ★★

裏技名 実行方法 備 考
知らない。あっても役に立たなそー