発売日:1990年12月21日
メディア:ロムカートリッジ
ジャンル:シューティング

操作方法 特殊操作
十字キー アレスタの移動 ポーズをかけて
パッドの上下(左右)
自機の移動速度調整
スタート ポーズ
Aボタン オプションのフォーメーション変更
Bボタン 特殊兵器使用
(アーマーを持っている場合)
Cボタン 自機からの通常弾と、オプションからのショット

タイトル画面 デモがかっこいい
この人が主人公(プレイヤーの分身)エレノア
ガンダムみたいなコクピットですな
仲間同士の会話が
ロボットアニメっぽい…ような気がする

それにしてもメガドラのデモとは思えない
左上にいるやつを撃つと落としていく
チョコチップみたいなのを取ってパワーアップだ。
オプションも増える。
よく見ると「力」と書いてある…芸が細かい!

ちなみに、さっきまでの仲間は
こいつ(1面ボス)に迎撃されてしまいました
緑色のアイテムはレーザアーム
他にも青(バリアアーム)、赤(ミサイルアーム)
があり、同色を連続で取るとパワーアップする
こいつは2面の中ボス。
撃墜すると情けない顔をしたまま爆発する
こういうキャラは他にも多く存在する

武者アレスタレビュー
思い出
など
武者アレスタを知ったきっかけは、Beメガのドッグレースでした。
やたら評価が高く、入手しづらいシューティングと紹介されてたかな?

このソフトを入手した経緯はファミコンショップで見かけた日に、
店長に頼んで給料日まで保管してもらったかな。
ちょっと無理言って頼んだけど、それだけの価値はあったかと思う。

この作品は開発がコンパイル(ぷよぷよで有名)、発売元が東亜プラン(シューティングの名門)
という、すごい組み合わせで出たんだけど、今のコンパイルは会社更生法が入り
東亜プランは見事に倒産しました…
武者アレスタのような傑作シューティングは、今後二度と出ないのでしょうか
長所 変形したり多彩な攻撃を見せるボス
雑魚キャラも個性豊かで、攻略のしがいがある。

アーム装備時は一度だけミス可能
イージーモードならシューティング苦手な人でもなんとかクリアできるのでは?
難易度によって微妙にエンディングが違うのも好印象。
(本当にちょっとだけどね)
短所 あえて言うなら、パワーアップシステムがチマチマしすぎ。
チョコチップみたいなのを集めるのは途中でダルくなる
五段階評価 ★★★★★
満点!かなりお気に入り

技名 実行方法
ラウンドセレクト タイトル画面で10回リセットし、左下を押しながらオプションモードに入る。
するとオプションモードのメニューで、サウンドの部分がラウンドに変わっていて、
ラウンドセレクトができるようになっている。
パワーアップ
コマンド
ゲーム中にポーズをかけて、B、B、C、B、B、C、上、下、Aの順に押す。
そしてポーズを解除すると、武器が最高までパワーアップする。
オプション増加
コマンド
ゲーム中にどこでもいいからポーズをかけて
上3回、下3回、左3回、右3回、C、C、B、Aの順に押す。
そしてポーズを解除するとオプションが20まで増えている。
残機増加
コマンド
ゲーム中にポーズをかけて
右、下、右、下、左、上、左、上、B、C、Aの順に押す。
ポーズを解除すると、残機が5機追加されている。