発売日:1991年8月2日
メディア:ロムカートリッジ
ジャンル:アクション

基本操作 特殊操作
十字キー キャラの移動 掴み中にC 相手の裏側に回りこむ
Aボタン スペシャルアタック 掴み中に
逆方向+B
投げる
(回り込みにより、投げにも二種類ある)
Bボタン 攻撃 羽交い絞めされた時に
C、着地時にB
首投げ
Cボタン ジャンプ 投げられたときに
上+C
着地

タイトル画面 登場人物達のプロフィール
アダムの趣味は盆栽かよ!(笑)
これが災いしてか、次回作以降での彼は悲惨だ

ブレイズの趣味がランバダって…
時代を感じますな
上から降ってきてスタート Aボタンを押すと元同僚が援護射撃してくれる
あまり使わないけどね
こいつが1面ボスのブーメラン使い。
大した特徴もなく、ハッキリ言って弱い
こいつはこれから先何度も現れる。
松明でお手玉やっているんだけど
ジャンプ攻撃は効かない。
パンチを打ちながら近づき、組んでしまえ。

ベアナックル レビュー
思い出など このゲームは、ファイナルファイトの代役と言っていいでしょう

当時、カプコンはメガドライブに参加していなかったが、
メガドラ専門誌ではファイナルファイトの移植希望が高かった…
それならばと(?)セガ自らが作ったファイナルファイト亜流ゲームです。

個人的にはスーファミのファイナルファイトよりもよく出来ていると思う。
キャラが小さいという欠点があるけど、二人同時プレイや各面のボスが個性豊か。
デブっちょのキャラは投げられない等の工夫も見られる。

このゲームの最大の特徴はマルチエンディング(と、言っても2種類だが)
2人同時プレイで最終ボスまで行くと、ある質問をされるのだが、そこで意見が別れ、
なおかつボスを倒すと…一風変わったエンディングが見れる。
このエンディングは次回作以降に繋がらないな(笑)
長所 スーファミ版ファイナルファイトを意識したと思われるが
同時2人プレイ可能というのは大きい。
キャラも三人から選択可能であり、投げられない敵やジャンプキックの利かない敵など
よく考えられた作りだと思う。
短所 一部のボスが強すぎる。
特に5面の夜叉、鬼姫のコンビは強いだけでなく、捕まえられずタイムアップしてしまうことも…
五段階評価 ★★★☆
2をやったあとだと、ちょっとつらい…が
スーファミ版ファイナルファイトの後だと最高に面白い…なぜだ。

裏技名 実行方法 備考
コンティニュー増加 コンティニューを使い切り、最後の一人をミスした瞬間に、
Cを連打するともう一度だけコンティニューができる
必要ない?
ステージセレクト タイトル画面で2Pパッドの右とAとBとCを押しながら、
1Pパッドでオプションに入ればステージを選択できる
練習にはいいかも