ベア・ナックル2
発売日:1993年1月14日
ジャンル:アクション

基本操作 特殊操作(多いので少々割愛)
十字キー キャラの移動 アクセル編 B+Cで裏拳
前前+Bでグランドアッパー
A+前でドラゴンスマッシュ
Aボタン 必殺技 ブレイズ編 B+Cで後掃脚
前前+Bで飛翔双斬
A+前で気功掌
Bボタン 攻撃 サミー編 B+Cでバック転キック
前前+Bでダイナマイトヘッドバット
A+前でコークスクリューキック
Cボタン ジャンプ マックス編 B+Cで後ろかかと蹴り
前前+Bでスライディングジザース
A+前でサンダータックル

タイトル画面 キャラクターセレクト画面
アクセル、前作と同一人物とは思えないブレイズ
に加え、アダムの弟サミー、
アクセルの友人でプロレスラーのマックス
が選択可能。
スタート直後、この位置で攻撃ボタンを押そう
ここには1UPが隠れている。
こいつのナイフさばきは一見の価値あり。
でも一回見れば十分。
このマスターは??
この直後いきなり逃げ出しちゃいますが…
右の淑女に見えた人は・・・なんと女王様でした。
電気ムチを振り回してくる。
1面のボスは先ほど登場のマスターでした。
上着を破り捨てて攻撃してくる。
何故か雨が降ってくる。

ベアナックル2レビュー
思い出など 前作のベアナックルが面白かった。だから買おうと思った作品。
セガの続編はダメダメな作品が多く、この作品を買うときも多少躊躇したけれど
そんな不安を吹き飛ばすかのような完成度だったと思う。

使用可能キャラは4人に増え、各キャラは必殺技を持つなど
正常進化を遂げたと言っていいかと…言いすぎ?
ただ、アクセルのグランドアッパーは非常に強力で
グランドアッパーを出しておけばなんとかなる…という作りになっている感もある。
長所 上にも書いたが必殺技の存在。
前作よりキャラが大きくなったが、2人同時プレイは健在
短所 アクセル以外のキャラが使いにくい。
イケイケ姉ちゃんみたいになったブレイズのデザインにはガッカリ。
五段階評価 ★★★★

裏技名 実行方法 備考
スーパーオプション モード選択画面で2PパッドのAとBを押しながらオプションに入ると、
レベルセレクト、プレイヤー数設定、ラウンドセレクトの項目が
オプションに追加される。
前作と同じ?
同キャラで2Pプレイ タイトル画面で1Pパッドの右とB、2Pパッドの左とAを押しながら、
2PパッドのCを押す。
色違いはナシ
K.O数が表示される プレイ中にポーズをかけてAを押すと、画面左上のライフメーターの上に、
K.O数が表示される
同時プレイだと
面白いかも
エンディング閲覧 タイトル画面で、1Pパッドと2PパッドのAとCを押したまま、
両方のスタートを同時に押す。
するとエンディングになる
必要なし