発売:1987年
メディア:ロムカートリッジ
ジャンル:シューティング

タイトル画面
やはり今回もネメシスの表記
カッコいい発進シーン
最初のザコは、なんと後ろから登場
最初はちょっとビックリする
ステージ1の模様
アーケード版と全然違うでしょ?
理由は後述
この妖しげな像は、回転しながら
上下移動する
これは1面ボス
見た目によらず、大して強くないが
耐久力があるのがしんどい

グラディウス2 レビュー
思い出
など
この作品、上の紹介でもチラっと触れたけど
アーケード版とは全然違う。

実は、このグラディウス2は、アーケード版の続編前に発売されました。
ちなみに、アーケード版の表記は「グラディウスU」(ややこしい…)
このゲームも、当時はほとんどできませんでした。
MSX持ってた友人は別の高校だったし
同じ高校でMSX持ってた友達って居なかったんだよね。

その代わり、PC-8801のシルフィードをやってたけど…
シルフィードは機会があったらやります。
長所 MSXオリジナルシューティングとして、よくできている。
コナミ独自の音源を使っているので、サウンドも素晴らしい。
短所 難易度はちょっと高め。
グラディウスシリーズ全般に言えることだが
一度ミスると、復帰が難しい。
五段階評価 ★★★☆
グラディウス好きならば経験しておこう!
アーケード版の原型と呼べるかもしれんし。

裏技名 実行方法 備考
情報募集中