発売日:
メディア:
ジャンル:

基本操作
十字キー左右 プレイヤーの移動
十字キー上 走る姿勢をとる
十字キー下 構える
Aボタン 蹴り
Bボタン 突き

タイトル画面
どうやら元は海外製のようだ。
ジョーダンねぇ…
名は体を現すというが…
ゲーム開始直後の画面。
後ろは海らしい…どこから来たんだ?
ヘリで来て、空中から降りた…か?
だったら、もっと近くに降りればいいのに

崖を登ってきたかも…という疑問は
以降の解説で打ち消されることになる。
十字キーの下を押すと構えます。
この体制なら後方移動も可能。
さっそく試してみる。
見事、ヒモ無しバンジーとなりました。
自動的にゲームオーバー。
本当に空手のゲームか?これは。
マジメにちょっとだけ進むと敵が出現。
こちらのお辞儀に、律儀に応えてくれる。
しかも、同じタイミングだし
礼儀良く45度のお辞儀。
若い者も見習うべし。

見習うと言っても
赤ら顔になったり、青い仮面を被れ!
という意味ではない。
構えると戦闘開始。
空手の基本なのか、構え姿勢では
常にすり足移動。
それって柔道じゃなかったっけ?
(空手は全く知りません)
こちらの中断蹴りが相手にヒット!
突き攻撃もあるけど、このゲームでは
中距離戦がメインっぽいので
蹴り多用になるような気がする。
やたー大勝利!!
相手は股間を押さえて倒れているような
…気のせいだろう、きっと。
1人目を倒すとちょっとしたデモ。
敵のボスが指令を出しております。
おいおい、ボスに対するお辞儀と
こちらに対するお辞儀が同じですかよ!

どうやら俺は歓迎されているようだ。
(なんのこっちゃ)
こちらは囚われの恋人(?)
(説明書無いからわかんないや)
とりあえず、このオナゴを助けるべく
仮面の怪しい空手使いと闘っている…
ってわけさ。
建物の中に入りました。
見た目は道場っぽいが…
とんでもなく広い。
オリンピック会館よりも広そうだ。
(注)行ったことありません
道場に現れる敵キャラは
なんとも悪趣味なカラーリング。

ヨッパライと変態が踊っているようにも
見えなくはないけど…
この道場には、巨大な鳥が登場します。
クレイジークレイマーでもそうだったが
黄色い鳥は幸せを運ぶのではなく
敵です。
蹴りくれてやっても、OKです。

ただし、グリーンピースにはご注意を。
(何の話だ)
ここが、カラテカ最大の難所と評判の
鉄柵!!
主人公も思わず及び腰(ウソです)

しかも敵はフツーに通過してくるんだよね
なんか理不尽?
ここで詰まる人も多いんだけどなぁ。
越え方は攻略サイトを見てね。
(なんてやる気のなさ)

カラテカ レビュー
思い出
など
長所
短所
五段階評価

裏技名 実行方法 備考