発売日:1990年8月25日
メディア:ロムカートリッジ
ジャンル:アクション

基本操作 特殊操作
十字キー左右 マイケルの移動 Aボタンを押しっぱなしにすると、マイケルがクルクル回る。
ある程度回りっぱなしになると、敵が一緒に踊り、その後全滅する。
十字キー上 扉、窓を開ける
十字キー斜め上 階段を登る
Aボタン マジック
Bボタン 攻撃
Cボタン ジャンプ

タイトル画面 オープニングデモ
バックトゥザフューチャー?
踊りながらマイケル登場
階段の手すり近くに注目
1ドットくらいの白い部分はコイン
ジュークボックスに向かって投げると…
画面が明るくなってゲームスタート
本当にどうでもいいこだわり(笑)
捕らえられている子供を助けよう
マイケルの妙な仕草はなんなんだ?

子供の「マイクォー」という発音は
まさにネイティブのもの

しかし、マイケルって
幼児虐待の容疑があったような…
Aボタン押しっぱなしにすると
敵を躍らせることができる
一通り踊り終わると、マイケルの「フー」の
掛け声で敵は全滅…
踊り疲れてしまったのだろうか
(命名:「即死ダンシング」)
音大の先生が見たら、卒倒しそうな図
ピアノの上を歩くと、ちゃんと音が鳴るよ
子供を全員助けると、バブルス君登場
指差しで、「あっちに行けや」と指図してくれる
ちょっとありがたい子分

しかしボス出現直前に逃げるという
とても自分本位なおサルでもある
場面変わって、これはステージ3
魔法の「即死ダンシング」を使うと
「スリラー」の踊りをする

敵がゾンビだからなんだろうけど
こういうとこは非常に凝っている

ムーンウォーカー レビュー
思い出
など
このゲーム、実はゲーセン版の移植なんだよね。
ゲーセン版とは全然違いますが…(笑)

メガドライブ版は、ついこの前初めてプレイしたので
特に思い出はないな。
長所 非常に笑える。
バカゲーという言葉、そのまんまの作りだ。

マイケル・ジャクソン自身が監修したというダンスは一見の価値あり。
というか、メガドラ所持者は見ておくべし。
短所 純粋にアクションゲームとして見た場合、面白くはない。
ステージに変化は無いし、途中から作業的になっちゃうんだよね。

操作性もあまりよろしくないよ。
五段階評価 ★★★
ゲームとして評価すると1点程度だけど…演出面を見ると満点だし…
間を取って3点。

裏技名 実行方法 備考
ラウンドセレクト タイトル画面が表示されている間に
2Pパッドの左上とAを押したままスタートを押す。

2Pパッドの左上とAを押したままにしておき
そのままメニューが表示されたら、再びスタートを押すと
ラウンドセレクトができる
未確認
おバカな演出が見たかったら
使うべきじゃない
ロボマイケル
各ラウンドの以下の子供を最初に助けると、流星が降ってくる。
これをキャッチすると、異常に強いロボマイケルに変身する。

2−2
駐車場の屋上にある、右から二台目の黄色い車

2−3
駐車場の二階の、右の青い車

3−1
マップの一番右上

3−2
スタート地点のすぐ右にある墓石

3−3
スタート地点そばの滝の左で、1段上

4−1
マップの一番右上

4−2
スタート地点から1段下の、クモの巣が張っている洞窟の中

5−1
マップの一番右上。転送機を使わないとダメ
未確認
とても笑えるらしい