発売日:1986年12月
メディア:フロッピーディスク
ジャンル:シューティング

タイトル画面
プレゼンテッドバイゲームアーツ
と喋るよ
デモ画面
元祖ポリゴンを鑑賞できる
まだ線のみのポリゴンだが、ちゃんと回転もする
ゲームが始まると、最終ボスが挨拶
「ワタシハ ウチュウノテイオウ ザカリテ」
これ以降は聞き取れません(汗)
いきなり飛んで1面ボスとの対決画面
周りにアステロイドのバリアを張っている
冷静に動きを見れば倒せるよ
各ステージ後には帰還デモがある
音声合成で歓迎してくれるが…
正直、何言ってるのかわかんねっす
これはウェポン選択画面
左右それぞれで、撃墜した敵数に応じて
武器が追加される

ステージ2開始時点では、パワーアップしてないね
ステージ2のボスとの対決画面
こいつは、シルフィードで一番の働き者かもしれん
やたらよく出るし、中ボスとしても出張するしね
ステージ毎に帰還する船が違う…なんで?

シルフィード レビュー
思い出
など
シルフィードは、高校当時の友人宅で文字通り毎日やってたソフト。
えぇ、早い話が通ってました(笑)
ゲーム機でもないPC-8801SR(?)(正確な機種名忘れた)で
これほどのシューティングが遊べるとは…!!
と誰もが思ったものの、あまりの高難易度に皆お手上げ。

自分は通った甲斐あって最終面のラスボスまで到達できたけど
エンディングは見られなかったな…。
初めて最終面まで行った時は、みんなが黙ったまま画面に注目したので
かなり緊張したよ…。
長所 なんと喋る!今の時代じゃあ珍しくないけど
当時のコンシューマ機で喋るゲームは少なかったしね。

ステージを進むと使用可能な武器が増えるのがいい。

難易度は高いが、回復アイテムがよく出るのも嬉しい配慮。

右と左で違う武器を装備できるのもいい。
上手く使えば攻略に利用したり、プレイヤーのクセに合わせることができる。
短所 喋ることは喋るが、何を言っているのかイマイチわからん。
死ぬと「オ(ン)マエハヨワカッタ」(ンを含むように発音)
と喋るのだが、イントネーションが目茶苦茶なので
本当に何を言っているのかわからない。

特殊武器が増えるのは嬉しいのだが
前のステージで使った武器を連続して使えないのはつらい。
同じ武器ばかり使わないように…という配慮なんだろうけど
個人的にはつらかった。

敵も陰険な動きをするのが多い。
(慣れれば楽勝だけどね)
五段階評価 ★★★★☆
個人的にPC用シューティングでは最高の完成度だと思う。

裏技名 実行方法 備考
ステージセレクト 「SILPHEED」のタイトル文字が出ている画面で、

「04134507」と打ち込みリターンを押すと6面
「88016800」と打ち込みリターンを押すと11面
「340638308」と打ち込みリターンを押すと16面
「308153101」と打ち込みリターンを押すと20面
今知った…
当時知ってたら
最終面クリアできたかも
隠しキャラ? 5面クリア後の画面で、「USA」と打つ
10面クリア後の画面で、「DEA」と打つ

16面クリア後の画面で、「MON」と打ち、「SDI」と打つと宇宙船が飛んでくる。
そして、「BOM」と打ち込むとこの2つが衝突し爆発する。
ちょっとしたお遊び
サウンドテスト ライン画のデモ画面中に「ESC」を押し
「CTRL」+「F・5」を押すと、ミュージックモードへ。
名曲多いよ