発売:1988年
メディア:ロムカートリッジ
ジャンル:シューティング

タイトル画面
モード選択もパロっているね
マイキャラ一覧
タコやペンギン、ビッグバイパー以外にも
ゴエモン、ポポロンが登場
ツインビーは居ないようだ
ザコキャラはモアイ…
アーケード版「パロディウスだ!」も
これと同じだったっけ?
画面中央に「!で」と表示されている
これは、ザコを倒したときの演出で
爆発する代わりに「ひでぶ!」と表示される。

こんなの、お世辞にも高スペックと呼べないMSXで
よくできたな…
ここでデモ画面紹介(構成悪くてすまぬ)
登場キャラが自己紹介してくれる

ちなみにパロディウスの主人公はタコ…
なんでタコ?
それはデモを見ればわかる…が
納得できるかどうかは、その人次第。
ここからは自機をタコに変更して紹介
(自分はビッグバイパーと相性悪いらしい)

画面右下に注目
パワーアップボタンを押したときの効果まで
おふざけ状態
このモアイは、どうやら火山のパロディらしい
鼻からリングレーザーを出してくる
イっちゃった目がイヤすぎ
1面ボスは、巨大ペンギンでした
アーケード版と同じだね
ペンギン怒りの図
というか、悪酔いしていると思われる
ビール瓶を投げてくるし…
酔っぱらっちゃったよ〜ん状態
この表情はアーケード版と同じだね

パロディウス  レビュー
思い出
など
思い出は特に無し。
当時はパソコン売り場のデモや、ベーマガで見た程度。

ちなみに、アーケード版「パロディウスだ!」とは全くの別物であり
本作のゲーム名は「パロディウス」である(ややこしい…)
ステージ構成等も、全然違うと思ったな。
長所 評価できるほどプレイしてません。

ただ言えるのは、この作品が無かったら
アーケード版も存在しなかったのではなかろうか。
それくらいよく出来ていると思うし、アーケード版の原型と思えるシーンが多い。
短所
五段階評価

裏技名 実行方法 備考
情報募集中