発売日:1989年3月21日
メディア:ロムカートリッジ
ジャンル:RPG

基本操作
十字キー ユーシス達の移動
スタート ゲームスタート、戦闘中のポーズ
Aボタン 人と話す、目の前を調べる
Bボタン キャンセル
Cボタン 決定

タイトル画面 主人公が毎晩見る悪夢
前作の主人公アリサとダークファルスが戦っている
右が主人公(デフォルト名はユーシス)
左は悲劇のヒロイン、ネイ
猫耳キャラは続編以降にも登場する
ファンタシースターUの最大の特徴とも言えるのが
この、クローン・ラボ
戦闘中に死んだ場合は、死者の細胞から
クローンを作り出し、再生する

つまり、他のRPGのように
生き返らせるわけではない!!
戦闘中画面
当時としては珍しく、アニメーション効果あり

右のグラスキラーは、PSOにも登場するらしいね?
(私はPSO未経験です)
グラスキラーは、PS4にも登場する
これはダンジョン内で撮影
悪名高き、二重スクロール用のパイプが見える
二重スクロールは最終ダンジョン以外全てに
存在する

ファンタシースターU レビュー
思い出
など
ファンタシースターの二作目
自分が二番目に経験したファンタシースターだけど
自分が経験したのはVの次だったりして…(笑)
Vとは全然違う雰囲気で、驚いたの覚えがある(本当はVが特殊なんだけど)

Vの戦闘画面とは違い、アニメーションの多さも新鮮だった。

ファンタシースターIVで、ファンタシースターを知った後輩(かなりのゲームバカ)が
「先にUをやった方がいいですかね?」と聞いてきたので
「やった方が面白くなると思うけど、普通の人じゃ投げ出すよ」と答えておいたが
案の定、投げ出してた。
発売当時にやったから面白かったんであって、今の感覚ではつらいとこが多いと思う。

なお、FF7のエアリスが死ぬ事に関して
「ヒロインが死ぬなんて!!」という声が多かったが
ファンタシースターUの方が8年ほど早く、ヒロインを死なせてました。
FF7の時は、なんで騒いでいる人間が多いのか不思議だったな。
長所 アニメーションは当時としては画期的だった。
(FC版のFFもアニメはあったが、あれ以上に動きまくった)

元々ストーリーはいいと思うが、それだけでなく
前作との繋がりが深い。シリーズ続編としてこうあるべきかと思う。
名前だけの続編は嫌いなもんで…(例)FFシリーズ
短所 こちらは結構ある。
戦闘中のアニメは、最初はすごいと思うが、何度も同じアニメを見せられるのはつらい
せめてアニメ効果をカットできれば良かった。

移動速度も遅い。
ダンジョンが広いのに、歩くのが遅いのはイライラさせられる。
さらにエンカウント率が高く、戦闘中に逃げることもできない(正確には成功率がすごく低い)
個人的には逃亡が成功したことないんだけど…逃げられるの?

最後に、散々言われたことだが
ダンジョンの二重スクロールは意味不明。
メガドラの機能の高さを示したかったのかもしれないが、見づらいだけ。
さらにダンジョンが難しすぎる。

と、残念ながら欠点はかなり多い。
五段階評価 ★★★
ストーリーはいいんだけどね…それを台無しにしてしまう欠点の多さが残念。

裏技名 実行方法 備考
シルカに泥棒させる シルカをパーティに入れて店に入る。
出るときにBを押しながら外に出ることを何度か実行すると
シルカがいなくなる。
自分の家に戻ると、シルカが待っているのでパーティに入れると
持ち物が増えている
これ自体は大したことない
ビジフォン入手 友達の家でシルカに泥棒させる どこでもセーブできる
重要アイテム
標準装備しとけよ…(笑)