発売日:1991年12月6日
メディア:ROMカートリッジ
ジャンル:アクション

基本操作 特殊操作
スタートボタン 武器セレクト Aボタン+下 スライディング
Aボタン ジャンプ
Bボタン ショット

写真1 写真2
タイトル画面 一般公募によって選ばれた8ボス達。
実は俺も応募してました…(笑)
写真3 写真4
ボス紹介画面の曲は1や2と同じ。
ファンにはたまりませんなぁ。
ロックマン名物、一撃死針地帯(笑)
心臓に悪いかも・・・。
写真5 写真6
エディ君がトコトコと歩いてきました。
どんなアイテムをくれるのかな?
あのさぁ、エディ君、
ボクまだ特殊武器持ってないんだけど…。
そんなもんいらねーよ(爆)

ロックマン4 レビュー
思い出
など
名作だった2や3を遊び、ロックマンシリーズにすっかり魅了されていた俺の為に、
この4は、姉がわざわざ友達から借りて来てくれたんだったっけ…。
あの時はホントに感謝感激雨アラレだったな〜。
俺はイイ姉を持った!感動で涙が止まりませんでした(言いすぎ)

で、プレイしてみると、4も相変わらずムズいゲームに感じたけれど、
クリアするのには二週間もかからなかったです。
シリーズで初めてプレイした2の時なんて、クリアに二ヶ月ぐらいかかってたのに(笑)
きっと、2と3をヤり込んだ事によって、
俺のロックマンシリーズに対する適応能力が高まっていたんでしょうね。

ていうか、4は以前の作品よりユーザーフレンドリーになっていたのが、大きな要因だったのかも。
ステージの途中で、アイテムを提供してくれる太っ腹なエディがいるし、
シリーズお馴染みの通常武器ロックバスターも、この4からタメ撃ちが可能になってたし…。
おかげで、ボス戦もあまり苦労しなくなった気がします。
長所 毎度の事だけど、やっぱりイイのよね、音楽が(倒置法)。
特にドリルマンステージの曲は、ファミコン音源のクセしてかなりグルーヴしてると思う
短所 ロックバスターがタメ撃ち可能になった為、
以前のシリーズに比べ特殊武器の存在価値が薄れている。
エディ君が役に立たないアイテムを出してくると悲しくなる。(裏技で回避可能だけど)
五段階評価 ★★★★☆ 
敵の攻撃や特殊武器が、なんとなくマンネリ化してきてる様な…(爆)
まぁ、それでもやっぱり面白いんだけどね。

裏技名 実行方法 備考
好きなアイテムを
Get
エディは接近するとアイテムを放出する。
そこで、いらないアイテムを出した場合、
いったんハシゴで面をスクロールさせ、再び戻れば、
エディはもう一度アイテムをくれる。
この作業を繰り返せば、好みのアイテムをGet可能。
いったんアイテムを取ってしまうと、
スクロールさせてもエディは出現しない。