発売日:1990年12月1日
メディア:ロムカートリッジ
ジャンル:アクション

基本操作 特殊操作
十字キー ハヤテの操作 上下を押しながらジャンプすると、
段差を飛び越えることができる
Aボタン 忍術
Bボタン 攻撃
Cボタン ジャンプ

タイトル画面 マンホールから火柱が!!
しかし、直撃しても死なないのはなぜだ?
お供のヤマトは、敵に噛み付かせることができる
その間にご主人様が安全に攻撃
ヤマトに子供が?
いや、これはヤマトがダメージを負った姿
なぜか小さくなってしまう…さすが忍犬!!
一面ボス
このタイプのボスは忍シリーズによくでる
ボーナスステージの図
ここの曲は妙にノリがいい

シャドーダンサーレビュー
思い出
など
シャドーダンサーというゲームは、アーケードにも存在したが
不人気だったのか、あっという間に消えてしまいました。
アーケード版の忍が好きだっただけにかなりガッカリしたけど
メガドラに出る!と聞いたので、発売即購入。

メガドラ専門誌では、不評ばかりだったかな。
特に多かったのが、アーケード版と全然違うじゃん!との批判。
えぇ、ハッキリ言うて全くの別物ですよ、これ。
忍犬ヤマトがお供についてはいるが、ゲーム進行が全く違う。
しっかし、アーケードでは殆どプレイできなかった自分にとってはノープロブレム。
メガドラの忍者シリーズであるスーパー忍、スーパー忍Uよりも
シャドーダンサーが好きさ。
長所 忍犬ヤマトを使った攻略は楽しいかも。
居なくてもあまり関係ないとの意見もあるが…(w

ボス攻略法を見つけるのが楽しいのは、忍シリーズの大きな共通点だね。
短所 散々酷評されてた点でもあるが、ボスがカッコ悪い。
BGMもスーパー忍に比べるとかなり劣る(あっちは古代祐三だから仕方ないが)
難易度によってエンディングが変わらないってのは、かなりガッカリ。
五段階評価 ★★★★
個人的にはかなり好きだけどな…同士募集中。

裏技名 実行方法 備考
練習ステージ タイトル画面でA,B,Cを押しながらスタートを押す ラウンドクリアしても
次のラウンドには進めない
ボーナスステージの攻略 左端に移動して、手裏剣連打する これで3UPは嬉しい
その2 手裏剣を撃たないでボーナスステージを終える これでも1UP