発売日:1992年3月20日
メディア:ロムカートリッジ
ジャンル:タクティクスRPG

基本操作
十字キー キャラクターやカーソルの移動
Aボタン コマンド表示、コマンド決定
Bボタン コマンドキャンセル
Cボタン 会話、調べる

タイトル画面 シャイニングフォースシリーズ伝統の
ゲーム案内人
本作品以外では、ジジィだったり
ババァだったり…
騎士バリオスに推薦され、
任務を受けることになる主人公

この任務が世界を救う旅になるとは…
というのはRPGではよくある話
城で任務を受けると、仲間ができる
王様には「仲間を集めて来い」
と言われたのに、何の苦労も必要なし
最初のバトルで、すぐにリターンを唱え
古のほこら近くにある教会に行こう
ゴングを仲間にすることができる

ここにはヨーグルトもいるが
この時点では仲間にできない
ブレイズLv1を唱えるタオ
魔法のレベルが上がると
映像効果も派手になる

シャイニングフォース 神々の遺産 レビュー
思い出
など
最初に断っておくが、筆者はシミュレーションゲームが苦手。
信長の野望、三国志などの有名シミュレーションは触ったことも無い。
そんな自分でもハマったのが、このシャイニングフォースだった。

買うきっかけになったのは、内藤寛(DQ3プログラマー)が開発したソフトだった…
というのも大きいが、戦闘画面が当時としてはかなり画期的だった。
ファイアーエムブレムでも、ここまでのアニメ効果は無いしね。

買う前はシミュレーションに慣れておきたいという気持ちもあったが
いまだにシミュレーションは苦手です。
長所 隠し要素が結構多い。
ヨーグルト、ハンゾウ、ムサシを仲間に出来たときの達成感は大きい。
レベル10で転職したあと、顔グラフィックや戦闘グラフィックが変わるのもいい。

育てるのは大変だが、基本的に使い物にならないキャラが居ないのは評価したい。
ストーリーも感動できる。
短所 実はかなりバランスがよろしくない。
かなりの経験値稼ぎを強いられ、途中で嫌になるケースもあるかも…。

転職後はカッコ悪くなるキャラが多いのは残念。
アダム、バリュウ、鳥人を育てるのはかなりしんどい。
五段階評価 ★★★★
バランスさえよければ、満点だったんだけどな。

裏技名 実行方法 備考
アイテム増加 「もちもの」の表示の左に増やしたいアイテムを
上にいらないアイテムを置く。
(「自分に渡す」を上手く使うといい)

そして戦闘中、「もちもの」表示の上にあるアイテムを捨てる。
そのあとリターンで町に戻り、道具屋に行くと
掘り出し物に追加されている
掘り出し物扱いのアイテム
のみに適用可能

使うと楽しいが
バランスが滅茶苦茶になる
ヒールの射程距離
を延長する
戦闘中、ヒール4を使えるキャラに、ヒール3を選択させ、
キャンセルする。
その後ヒール4を選択すると、射程が1から3になっている。
ヒール4の射程が1なのは
ちょっとあんまりかと…