発売日:1993年2月21日
メディア:ROMカートリッジ
ジャンル:シューティング 

基本操作
ゲーム画面参照

タイトル画面
登場キャラは御覧の通り動物ばっか。
後ろで自機のアーウィンが
回転している。
ここで操作方法を選択できる。
実際に自機を動かして、
感触を確認しつつ選択できるのが親切。
トレーニング風景。
空中に浮かぶリングをくぐれとの事。
なんとなく、
ナイツを思い出してしまった(爆)
やった人ならわかると思うんだが…
これって最終ボスを倒すより
難しくない?(爆)
俺には絶対ムリ(;^_^A
コース選択画面。
3つのコースはそれぞれ難易度が違う。
自分の力量に合ったコースを選ぼう。
コースを決定すると…犬に激励される。
ちなみに、
このゲームの最終ボスは猿だ(爆)
基地から主人公達が発進していくシーン。
今見ると、
この画面はかなり辛い( ̄ー ̄;
宇宙空間のステージでは、
コックピット視点も選べる。
迫力があるのでヲススメ。

スターフォックス レビュー
思い出
など
スーパーFXチップを積むことによって、画像の高速処理を実現できたという、
スーファミ初の(他にあったのか知らんけど)ポリゴンシューティング。

フルテクスチャー、秒間60コマ表示が当たり前となった現在では、
動きも全然なめらかじゃないし、自機も敵機もとても貧相な作りに見えるんだけど、
当時はアーケードでも、ポリゴンゲームはバーチャレーシングぐらいしかなかった時代。
こんなんでも、とても臨場感のある映像に思えたものだった...( = =) トオイメ

また、このゲームはシューティングには珍しい「仲間」の概念がある。
プレイヤーと同様、仲間も敵を攻撃するし、敵に攻撃されたりもする。
向こうの一方的な発言ではあるが、戦闘中やステージ開始、終了時に喋ったりもしてくれる。
(つっても、ヘンテコな発音なので字幕付きなんだけど(笑))

もちろん、戦局によって仲間のセリフも変化する。
敵に襲われてピンチな時は、主人公に助けを求めてきたりとかね(笑)
そういった演出面においても、このゲームは新鮮かつインパクトの強い作品だったなぁ…。
長所 自機が多彩な動きが出来るのがイイ。
音楽は作品の世界を見事に演出している。濃い音色がGood。
短所 攻略本が必須かも?非常に難易度が高い。
レベル3なんてよくクリアしてたなぁ、当時の俺・・・今じゃ無理!(汗)   
それと、仲間達に言いたい。ボス戦も手伝えよ(爆)
五段階評価 ★★★☆
正直、今遊ぶのは辛いかも。パンツァードラグーンやりたくなってきた…(をぃ)

裏技名 実行方法 備考
巨大スロットマシンを出すワザとかあった気がするんだけど…
やり方覚えてないし、もう手元に攻略本もないので不明(;´▽`A``