発売日:
メディア:ロムカートリッジ
ジャンル:レース

基本操作
十字キー左右 ドライバーの移動
Aボタン アイテム使用
Bボタン アクセル、選択の決定
Xボタン バックミラー切り替え
Yボタン ブレーキ
L,Rボタン ミニジャンプ&ドリフト

タイトル画面 ドライバー選択画面
上下のドライバーは同じ性能
50ccクラスの選手権は3つ
チャンプになるとステップアップできる
スタートの瞬間画像。
ロケットスタートも可能。
コインを取ると最高速がアップする
10枚で最高速度に達する
CPUのドンキーが攻撃を仕掛けてきた
この演出は
2人プレイ時には見ることができない

スーパーマリオカート レビュー
思い出
など
マリオカート発売当時は、ゲーム屋でバイトしてました。
その店では、仕事が無く、お客さんが居ない時間はゲームやってても良かったので
バイト仲間と対戦しまくった。
たまに客を無視してた(っていうか気づかなかった)こともあったが(爆)

スーファミはコントローラ二本標準装備なのに、二人用プレイ可能なゲームは野球くらいで
一緒に遊ぶということが難しいハードだったように思っていたが、マリオカートの登場で
そんな印象は消え去った。
というか、今でも対戦してて楽しいゲームを聞かれたらマリオカートを挙げると思う。
長所 カラフルな色使いや個性豊かなコースレイアウト。
ジャンプを使ってショートカットできるのも楽しい。
短所 実力差がハッキリとタイム差となって現れるので
初心者はどうあがいても勝てない。
アーケード版ファイナルラップのように、
後ろを走っている時は加速、最高速が伸びるようなモードがあったら良かったかも。

あと、顔面にひっついてくるモグラは非常にウザい。
CPUキャラが妨害アイテム連発してくるのは、許せないものがある。
五段階評価 ★★★★☆

裏技名 実行方法 備考
ミニカート ドライバー選択画面で、Yを押しながらAを押す 未確認
マリオカートGPと
VSマッチでしか実行不可らしい