発売日:1989年12月2日
メディア:ロムカートリッジ
ジャンル:アクション

基本操作 特殊操作
十字キー左右 ジョームサシの移動 ジャンプ頂点でジャンプ 二段ジャンプ
Aボタン 忍術使用
Bボタン 攻撃 二段ジャンプ中にBボタン 八双手裏剣
Cボタン ジャンプ

タイトル画面
千葉真一そっくりな忍者です
今回の忍は、スーパーと付くだけあって(?)
忍術が4種類もある。
今回は裏技で手裏剣個数を∞にしてある。
ここで忍術紹介(左から)
雷の術(バリア)
火竜の術(画面上の敵にダメージ)
浮身の術(ジャンプ力アップ)
微塵の術(自爆することによって、敵に大ダメージ)
ジャンプ最上点で、ジャンプボタンを押すと
二段ジャンプができる。
さらに手裏剣を投げると八双手裏剣が使える。

しかし手裏剣を8本消費するので
乱用はできない。
こいつは1面ボス。
なんと、アーケード版の忍の4面ボスと同じ動き。
難易度もスーパーかい…。
微塵の術使用例。
ボスにダメージを与えていたので
心中になってしまいました。
ジョームサシがバラバラになっているけど
わかるかな?

スーパー忍 レビュー
思い出
など
アーケードコーナーでレビューした忍がやりたくて、探し当てたのが
このスーパー忍だった。
ビーメガ、メガファンでの評価も高く、期待して買ったものの…難しかった。

スーパー忍には、前期バージョンと後期バージョンが存在し
前期バージョンは著作権無視のすごい作品。
なんとボスにゴジラが登場し、バットマンまで出る。
さすがにクレームが付いたのか、後期バージョンでは骨ゴジラになっているが…
バットマンもデザインが変更されている。

パッケージ等、外見では区別がつかないらしいので
前期バージョンを持っている人は大事にしよう。
わたしゃ、後期バージョン所持者ですがね。
長所 古代祐三が担当したBGMは非常によろしい。
忍法が4種類から選択可能なのもいいと思う。
ボスもカッコいいのが多い。

一発死ではなく、ライフ制になったのは評価したい。

また、ラスボスを倒すのに要した時間によって
エンディングが変わるのもいい。
短所 なんといっても難しい…これに尽きる。
最終ボスは微塵の術を使いまくらないと倒せないので
残機が少ないとどうしようもない。
また、ボスの攻略法もちょいと難しいんじゃない?

アーケード版の忍では、早歩きのような移動速度だったのに
スーパー忍では、明らかに歩いている…これもちょっと違和感があった。

ライフ制になった反面、手裏剣が消費制になったのはいただけない。
アーケード版の好きだった点を削られてしまったのは残念だった。
五段階評価 ★★☆
正直言って、スーパー忍の評価が高いことで
メガドラユーザーに偏見を持ってしまった…(みんな恐ろしく上手いのかと)

裏技名 実行方法 備考
手裏剣無限大 オプションで、手裏剣の本数を「00」に設定したまま
数秒待つと、「∞」に変化する。
これはデフォルトにして欲しかった