発売日:2002年1月31日
メディア:CD-ROM
ジャンル:格闘

基本操作
割愛します(;^_^A

タイトル画面。
あのVF4さんが、家で遊べるっ♪

今回はデヂカメで
写真撮影をしているので、
ちょっと見辛い部分があるかも。
スマソ(汗)
メニュー画面。
アグレッシブなゲーム内容とは
対照的に、音楽は癒し系。

実はこの画面には
仕掛けがあるんだけど…
写真では伝える事ができなくて残念。
壁紙は変更可能。
トレーニングモードのトライアルを選択
様々な課題が用意されている
詳しい解説と、
CPUによるデモを見ながら
課題をこなそう。
たくさんこなせば自然と強くなれる。
フリートレーニングでは、
CPUの動きを細かく設定できる。

いったんCPUキャラを操作し、
動作を記録させ、そこから動きを
何度も再生させる事だって可能。
凄すぎ。
自キャラのアイテム着脱を選択。
アイテム収集もこのゲームの
大きな魅力の一つですな。
色も細かく変更可能。
すっかり違う人になっちゃってます(笑)
もちろんキャラごとに
リングネームも設定可能。

成績もじっくり見れる。
プレイ状況に応じたアドバイスも
見れたりして。
細部までこだわりを感じさせて
くれるゲームだ。
実は
懐かしのVF1キャラでも遊べます(笑)
やり方は下記の裏技参照…
うをっ!組み手モードをしていたら、
段位認定戦が始まったッス。
右下の「勝てば昇格」の文字が
プレッシャーです(汗)

しかも段位認定戦の時に限って、
相手が強い気がするんですけど…
マーフィーの法則か?(爆)
プレッシャーを跳ね除け、見事勝利。
そして五段に昇格!

カマキリオン君も、喜びのあまり
バンザイしてます(?)
AIモードのスパーリング風景。
ビシビシ殴って
AIキャラを鍛えてやろう。

ダメな技を教えると弱くなるゼ
(当たり前)

バーチャファイター4 レビュー
思い出
など
思い出っつーか、今もバリバリに遊びまくってるんですけどね…(笑)
このゲームについては、ご存知の方がほとんどでしょう。
ゲームセンターで絶大な人気を誇る、バーチャファイターシリーズ第四弾の移植作です。

アーケード版から既にハマってた僕は、家でもヤリたくて発売日にPS2本体ごと買っちゃいました。
本当はVF4以外にPS2で遊びたいゲームが無かったんで、購入するのはかなり迷いましたが(笑)
でも買って正解でした。
正直な話、グラフィック的には多少見劣りするかも知れないけど、
肝心の「中身」はアーケード版をしっかりと再現していましたからね。
その上、DC版のVF3と違って家庭用のモードは充実してるし(爆)

では、一体どこが充実しているのか?
ここからは、家庭用のオリジナルモードについて触れていく事にします。
まずは「トレーニングモード」について。
恐らく今回のモノは、格闘ゲーム史上最高のトレーニングモードと言えるのではないでしょうか。
(DC版VF3のトレーニングモードは、格ゲー史上最低のデキでしたが(爆))

技コマンドのトレーニングはもちろんあるし、
フリートレーニングでは、CPUの行動を細部に渡って指定できるので、
あらゆるシチュエーションでの練習が可能になってます。
苦手な連携の対処法を練習したり、空中コンボの練習をしたりするのにはもってこいでしょうね。
トライアルでは、上の写真で紹介している通り、
実戦に役立つ様々な課題がCPUキャラによる見本付きで出されます。
初心者の人もこれを全てマスターすれば、ゲーセンでの活躍も夢ではありません。

そして、PS2版VF4一番の目玉と言えるかも知れない「組み手モード」。
これはアーケードでのカードを使った対戦と同様、段位認定戦があり、アイテムの入手もできます。
ゲーセンでなかなか段位が上がらなくて悔しい思いをしている人は、是非ここで憂さ晴らしをしてみましょう(笑) 相手はCPUなんで、コツさえ掴めば最高段位到達も夢じゃないです。
段位認定と同様、アイテムの収集も凄く燃えますね。
しかもその数はとても豊富で、キャラ一人につき50個ぐらいのアイテムが用意されているんだとか…(笑)

それと、「AIモード」の存在も忘れてはいけません。
これは自分の分身的存在を育てて遊ぶモード。いわば、育成ゲーです。
スパーリングで直接、連携や空中コンボを教え込んだり、
リプレイを見せて戦闘の参考にさせる等して、AIキャラを育てていきます。
ある程度鍛えたら、アーケードモードや組み手モードで試合をさせてみましょう。
試合中には、プレイヤーからある程度指示を出す事も可能。
もちろん、ほったらかしても勝手に戦ってくれます(笑)

試合を重ねることによって自然に強くなるので、
「ずっとほったらかしで組み手モードをやらせてたら、いつの間にか段位が急上昇してた」
なんて事もあって楽しいです。
負けても自動的にコンティニューするので、プレイヤーは寝ててもOKだし(笑)
(本当は付きっきりで指導した方が強くなるらしいですけど…(;^_^A)

もちろん、「自分vsAIキャラ」なんて試合もできます。
鍛え上げたAIキャラは、かなり歯応えのある相手になるかも知れません。
ヘタすると自分よりAIキャラの方が強くなってて、鬱になってしまうかも知れませんが…(笑)

まぁ、そんなこんなで、家庭用オリジナルモードの充実ぶりには目を見張るものがあります。
メッチャ面白いですよ、このゲーム(o^∇^o)ノ
コレを遊ぶ為だけにPS2を買うのもイイんじゃないかと思いますね。
ローディング時間もそんなに長くないし(短くもないけど)
アーケード版が好きな人なら、絶対に買って後悔はしないハズ!
購入を迷ってる方は、今すぐ買ってください。ていうか、買え(爆)

ちなみに僕の場合、もう100時間以上(総試合数は3000ぐらい)は遊んでると思うんだけど、
奥深いゲーム性のお陰で、未だに全然飽きてないっス。
あと一年ぐらいは遊べそうな予感・・・(笑)
長所 リプレイが保存できるのが嬉しい。

実力の近い者同士の対戦は熱すぎ!!
アイテム収集&着脱ができることにより、自キャラに個性的な魅力が与えられるのが◎。
リングネームも付けられるのでキャラに対して愛着も沸く。(メモリーカード必須)

リアルなキャラの動きと、スピーディな攻防、奥深い駆け引き、段位認定戦の手に汗握る緊張感、
やればやるほど(強くなればなるほど)ハマる中毒性…これぞまさに格闘ゲーの神。
言葉では言い尽くせない良さがある。
短所 やはりアーケードと比べるとジャギーが目立つ。
そして発色も違和感アリ。PS2だから仕方無いのかな…
まぁ、慣れればどうでも良くなるレベルだけどね。
どうしてもジャギが気になる人は、小さいTVに通常のAVケーブルで繋げて画面から離れて遊べばOK(爆)

エンディングがアーケードと違い、リプレイじゃないのが残念。
(HDを使えば見れるらしい)

全体的に、結構敷居が高い気がする…
初心者からみれば、ベリーイーヂーでもCPUは相当強いのでは?
五段階評価 ★★★★★
まぁ欠点はあるんだけれど、それを補ってあまりある内容なので、満点。
このゲームの素晴らしさが分からないようじゃ、ちょっと・・・(謎)

裏技名 実行方法 備考
VF1(ポリゴン)
キャラの使用法
アイテム【オールドキャラクター】を所有しているキャラで選択後、
NowLoading画面に移るまでP+K押しっぱなしにする
1から遊んでいた人には
たまらんぜよ
メニュー画面の
壁紙変更
メニュー画面でOPTION→SETTINGS→GAMEを選び、
L1かR1を押すと壁紙が変わる。
色んな壁紙が用意されてます。
気分転換にどうぞ
デュラルの
使用条件
KUMITEモードで覇王より上の段位になっていると、
たまにデュラルが出現する。
倒すとVSモードで使用することが出来る。
デュラルに勝った後は
必ずシステムファイルをセーブしよう。
そうしないと、消えます(爆)