基本操作
十字キー 自機ソルバルウの移動
Aボタン 対地砲
Bボタン 対空砲

タイトル画面
ここである操作をすると無敵に・・・
スタート直後は森の中
本作にステージクリアという
概念は無いが森が一応の区切り
スペシャルフラッグを取れば1UP
この当時のナムコゲームには
よく登場した
当時はSPなんて呼んでたね
この板みたいなのはバキュラ
256発当てれば破壊できるというのは
かなり有名だが、成功事例は知らん
ピラミッドまで登場(正式名称失念)
ここにはナスカの地上絵があったけど
FC版では残念ながらカット
こいつはの名はアンドアジェネシス
アーケード版はとんでもない爆音で
襲ってきてくれたが
FC版はだいぶマイルドになった

ゼビウス レビュー
思い出
など
ゼビウスは凄かった…この作品はアーケード版が1年以上ヒットしていたし
FC版はアーケードの人気が落ち着いてから発売したというのに
めちゃくちゃ売れたはず。
しかし、当時は「FCカセット=低容量」という認識が強く
「FC版ゼビウスは3面まで」というデマまで流れたが見事、全16面を再現してくれた。
(この頃のナムコは本当に良かったよ、ホント)

数年後、「スーパーゼビウス ガンプの謎」という作品が発売されたり
最近もゼビウスの名を冠した作品が発売されているけれど
どれも本作を超えていない気がする。
長所 自宅でゼビウスが出来る!!しかもファミコンで!!
当時、ゼビウスはPCにも移植されまくっており
X1のゼビウスは素晴らしい移植度だったけど…高かった。

低コストでゼビウスを再現してみせたたこと、これを外してFC版ゼビウスは語れない。
短所 あることはあるが…アーケードとFCのスペック差を考えたら仕方ない。
しかし、それでもあえて言わせてくれ
ナスカの地上絵カットは痛かった…!!
五段階評価 ★★★★
当時、ファミコンでゼビウスが出来るというのは凄いことだったんだけど
今ではワゴンセールの常連ですな…
評価については、ほとんど上で述べてしまっているので特に追記無し。